引越しここ一番|引越しのあるある体験談、業者の口コミなど

引越しのあるある体験談や業者の口コミをまとめています

アート引越センターの「丁寧」な作業に困りました 仙台から高崎へ引越し 【34歳 会社員 女性】

      2016/03/25

34歳の主婦(育児休暇中の会社員)です。昨年の冬に宮城県仙台市から群馬県高崎市に家族で引っ越したときのことですが、丁寧すぎる作業に困りました。普通は丁寧な作業は好まれるものですが、予定していた時間の3倍かかり、引っ越しの予定が大幅に狂ってしまったのです。

利用した引っ越し業者はアート引越センターで、決め手は見積もり時の安さでした。普段は日通を使っていたのですが、荷物の運び出しがあまり丁寧じゃないことからアートを選んだのですが、その丁寧さに困らされることになるとは思いませんでした。

女性の作業員だったことも遅かった原因の1つだと考えられます。主人は乳児だった子どもと先に転居先に行ってもらったため、私一人で作業の立会をしており、女性の作業員がいたことは安心材料だったのですが、力仕事となるとやはり男性には劣ってしまい段ボールの運び出しだけで予定していた時間が終わってしまいました。大家さん(正確には不動産業者)の立ち合いの約束があったのですが予定を延期することに。

その後大きなもの(家電や家具)の運び出しだったのですが、棚という棚を全て贈り物のように丁寧にラッピングするではありませんか。「別に気にしないのでそのまま運び出して下さい」と言っても「ルールなので」とラッピング。「いつ頃終わりますか?」と聞くと流石に時間がかかっていると思ったのか「出来るだけ早く終わらせます」とは言うもののその手ではラッピング。

我が家は本棚が多く、女性がラッピングするには大きい(縦にしたり横にしたりするのが大変)なものだったので「もう1人の方は?」と手伝ってもらえないのか示唆すれば、「彼はトラックの中の荷物を整理しています」と言われ、結局夜になって漸く作業が終了しました。不動産業者の立ち合いチェックも出来なくなり、明日もう一度やるにしても寝泊まりは出来ない(冬の仙台で暖房機器が無い夜はつらい)し、明日も来るには距離があるため不動産業者とどうするか話し合いすることになりました。

結果自宅から一度不動産屋にいき、話し合いが終わったのは夜8時。夕方には高崎に着く予定(車を運転して移動)だったのですが、真っ暗な中で運転して来ることになってしまいました。その間幼い子どもが心配だし(一応義母には強力してもらってましたが)でとても困ってしまいました。

作業が荒く、破損など起こっても嫌だとは思いますが、やはり作業のスピードは、引っ越し業者として必要不可欠な要素なのではないかと思います。こんなことならば多少作業が雑でも早い日通にお願いすれば良かったと今では思っています。

 

まだ評価がありません

この記事を5段階評価することができます

 - アート引越しセンター, 日本通運 , , , ,